第二十三話  『助け船』


「ごめんなさい、おばさま」

 すかさず、朔也さんが香月夫人に声を掛けた。たっぷりとお肉のついた麗子さんの立派な肩に、大きいのに繊細そうな指先をそっと乗せる。そして世にも哀しく、切なそうな、女性が見たら必ず抱きしめたくなってしまいそうな苦しげな表情で、香月夫人の眼を覗き込んだ。

「弟は礼儀を知りません。でも新は、ああして正直に素直に人と接するのが、知り合った人と仲良くなる為の一番良い方法だと信じ込んでいるのです。弟のいたらなさは兄である僕の責任でもあります。笹山さんには僕の方から、弟の非礼をお詫び申し上げます」

 朔也さんは痛々しい表情のまま、タカくんの方を向いた。

「笹山さん、不愉快な思いをさせて申し訳ありませんでした。弟は真っ直ぐな性格ですが、言葉をあまり知らなくてあのような言い方になってしまったようです。あれは笹山さんと是非仲良くなりたいと思っての言動です。新は少し頭が足りないかもしれませんが、悪い奴じゃありません。そこは誤解しないで戴きたいと思ってます」

 その流麗で真摯な謝罪の言葉と、見てる方が謝りたくなってしまう切ない表情のせいで、香月夫人の顔色は一瞬でもとに戻った。タカくんも気おされたようにのけ反って「い……いや、気にしてないよ」と答えている。朔也さんはタカくんに目礼すると、今度は新の方に顔を上げた。

「新、あとで話がある」

「──オーケー」

 新は答えた後、少し下唇を突き出した。それからあたしに顔を向け、チョロッと舌を出す。あたしにはその意味が分かった。朔也さんは新を叱っているようで、実はタカくんへの新の発言を認めているのだ。

 言い方がへりくだっていて丁寧だからごまかされてしまいそうだが、新のことを正直だ≠ニ堂々と言っている。でも朔也さんの一見平身低頭している態度に騙されて、香月夫人もタカくんもすっかり怒りを治めてしまった。

 やっぱりこの兄弟、表現の仕方こそ違うものの、容赦なく真実を言ってしまうんだと改めて実感した。なんて恐ろしいの。あたし、ホントにこの人たちと血がつながっているのかしら?

「ああ、本当にもう、浩介さんのご次男との会話にはいつも困ってしまいますわ。貴之さん、ご無礼をお許しくださいね。それで、小花さんのパーティへの出席は、してもよろしくて?」

 一息ついてから香月夫人がタカくんに訊いた。手はまたしっかり朔也さんの腕に巻き付いている。なんかムカつく。

「もちろんです、麗子おばさま。パーティはボクの友人が大勢集まりますから、若い人ばかりです。真由さんと小花さんも楽しいでしょう。でも一応新会社設立の正式な集まりなので、お召し物はフォーマルなものにしていただきたいのですが……」

「それならわたしのドレスをお貸しするわ!」

 真由さんがパチンと手を打ち合わせて言った。あたしの意思とは関係なく、話がパーティ出席の方向に進んでってる……。あたしは「パーティに出ることは出来ません」、と言おうとした。でも香月夫人が大きく頷いて、大音量の声であたしの声を遮った。

「それがよろしいわ。小花さんも真由のお洋服は着れば、もう少しお上品に見えることでしょう。もしかしたら、素敵なご縁もあるかもしれませんわよ」

 ホッホッホ、と高笑いしてから夫人があたしを見る。

「パーティは再来週の土曜日です。小花さん、ご予定は大丈夫よね。あなた学生さんなんでしょう?」

「い、いえ……違います」

「アラ、それじゃあ、どこかにお勤めですの?」

「う、いいえ……そのぅ……」

「まァ、それでは──まさかと思いますが、何もしてらっしゃらないの?」

 香月夫人の眼の色が、あからさまに冷たさを増してくる。あたしは自分が無職だということが恥ずかしくて、言葉に詰まった。こんな迫力満点のセレブなご婦人に、学生でもなく職もない事がバレてしまったら何を言われるか分からない。あたしは焦ってアワアワした。でも都合のいい嘘は全然思い浮かばない。

「おばさま、小花の以前の職場は前の家に近い場所でした。でも僕たちと一緒に暮らすことになって、ここから通うのにはあまりにも遠すぎるのです。だから僕が辞めるように勧めました。小花にはもう少しここでの生活が落ち着いてから、ゆっくり先の事を考えようと言ってあります」

 朔也さんが穏やかな声で助け船を出してくれた。さっきとは打って変わって、見る者をうっとりさせてしまう柔らかな微笑を口元に浮かべている。香月夫人はしばしぼうっと朔也さんに見とれた。そして朔也さんの説明に大きく相槌を打つと、「そうなの。確かにそうね。職場が遠いのは不便よね」と言った。

「じゃあ、特にご用事もないようですし、パーティに出るのに支障はなさそうですね。いっそ会場で出会った殿方に永久就職してしまえば、先の事に心配はなくなりますわよ」

 うふふふ、と含み笑いをして、香月夫人は意味深な視線をあたしによこす。あたしとしては職業のことから話題がずれてありがたかったけど、パーティに出るのがどんどん確実になってきてしまって、さっきとは違う意味で冷や汗をかいた。

 どうしよう……たとえ真由さんのドレスを借りたにしてもあたしに着こなせるわけないし、偉そうな人がいっぱいくるバーティでの立ち居振る舞いなんかサッパリ分からない。出会いどころか大恥をかいて戻ってくることになる。

「あ、あたし、パーティなんて出た事ないし、やっぱり無理です」

 どうにか断ろうと、あたしは必死で訴えた。そんなあたしの抵抗を真由さんがヒラヒラと手を振って一蹴する。

「大丈夫よ、女の子は立ってるだけで華なんだから! わたしたちは綺麗な服着て美味しいもの食べて、楽しくおしゃべりしてればいいだけ。遊びに行くと思えばいいわ」

 愛らしい微笑を口元に浮かべて、真由さんはあたしに言った、いかにもパーティを楽しみにしています、という開けっぴろげな笑顔だ。タカくんは何度も大きく頷き、真由さんの意見はすべて正しいというように熱い視線を送っている。

 でもあたしはその真由さんの笑みの中に、奇妙な違和感を覚えた。にこやかなのに、どこかヒヤリとするような何かを感じる。気のせいかな……?